前へ
次へ

バーベキューの良さを知りました

ある日友人から、バーベキューを一緒にしないかと誘われました。
私は完全なるインドア派なので、バ

more

バーベキューアレンジ料理にタンドリーチキン

バーベキューは野外で焼いて食べるだけでも盛り上がりますが、アレンジレシピでさらにおいしさと楽しさはレ

more

暑い夏をバーベキューで乗り越えよう

ここ数日とても暑い日が続き、梅雨が明けて少しずつ夏を感じることが多くなったと思います。
気温や

more

夏場は河原でバーベキューの季節です

夏場は河原でバーベキューの季節です。
一度でもそれを体験してみると、もういけません。
それでバーベキューのやみつきになってしまうからです。
家族で行う行事としては最高ですが、それを成功させるためには、様々なテクニックがあります。
家族でより楽しく過ごせるためにどのようなテクニックを使えば良いのでしょうか。
パーティーをより盛り上がるためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか。
そんなところを中心に考えてみました 。
まず大切なことは用意するお肉の量です。
用意するお肉の量が多すぎると、残ってしまってもったいないです。
逆に用意するお肉が少なすぎると、パーティーが終わった後になんだか物足りないような気がしてきます。
何回かパーティーをすると、適当なお肉の量というのが把握できます。
これは参加する人数に依存しますが、何度かそれを経験していくうちに、体験的に、また直感的に、適切なお肉の量というものが判断できるようになります。
それがとても大切なことです。
お肉の量を計算する際の基準ですが、一人が食べるお肉の量が基準になります。
男性は一人当たり300 G、 女性は一人当たり200 G を目安に計算すると良いと言われています。
少し多すぎるような気もしますが、屋外で行うバーベキューでは意外と食が進むものです。
多少お肉が残ってしまっても、お肉が足りなくなって、物足りなさを味わうよりもマシというものです。
この種のパーティーでは多少無駄があっても多めにお肉を用意するのが成功のコツです。

アウトドア 調理器具

アイスクリームをお取り寄せするならリッチョドーロの通販がオススメ
当店のアイスクリーム(ジェラート)はアレルギーを持っていてもおいしく楽しめます

もつ鍋 取り寄せ

それから見逃せないのが子供達の人数です。
中学生や高校生では、成人一人当たりが食べるお肉の量よりも、はるかに多目の肉を食べることができます。
そんなことを考えて、参加する子どもたちが多い場合には、お肉を多めに準備するのが成功の秘訣です。
バーベキューの合間にアトラクションを考えておきましょう。
アトラクションをする係を決めておけば、それで完璧です。
河原で過ごした楽しいパーティーは、子供たちの記憶に末永く残ることでしょう。

Page Top